1. HOME
  2. サービス
  3. コンサルティング事業

コンサルティング事業

独自の技術やサービス、国内外の有識者・研究機関などとのネットワーク、蓄積したデータや知見を活用し、顧客の環境上のリスク対策を含むESGに関わる課題解決と、あらゆる環境問題の解決・改善を目指します。

ごみの自然界や生活環境における分​​布・流出実態を把握するための調査や分析、解決・改善に向けた政策立案、商品や新規事業開発を行います。
また、対策のモニタリングや評価、人材育成のための研修や環境教育プログラムの実施を支援しています。ピリカの有するごみ拾いSNS「ピリカ」ごみ分布調査サービス「タカノメ」マイクロプラスチック調査サービス「アルバトロス」などの独自の技術やサービス、国内外の有識者・研究機関などとのネットワーク、蓄積したデータや知見を活用し、政策立案、事業支援、教育機会の提供などによって、あらゆる環境問題の解決・改善を目指します。

提供サービス

詳細やお見積もりについては以下よりお問い合わせください

お問い合わせ

ピリカではコンサル事業の一環として人工芝流出対策、流出ごみの再資源化事業にも取り組んでおります。
詳しい説明は以下より詳細ページをご覧ください。

調査事例

排水機場における調査実施の様子

令和2年度プラスチックごみの海洋への流出実態把握等業務

日本の海洋プラスチックごみの発生源・量・品目や流出経路等の実態把握のため、河川ごみと河川水中のマイクロプラスチックの調査手法の標準化、流域のごみ量の推計等を行いました。

藤枝市内における河川ごみ調査の実施様子

河川ごみ実態調査業務委託

市内4河川おけるごみの散乱地点、分布状況、マイクロプラスチックの流出状況についての実態調査を実施。調査結果をもとに、「藤枝市河川ごみマップ」作成し、対策を提言しました。

メコン川におけるマイクロプラスチック採取の様子

CounterMEASURE 1,2

東南アジアのプラスチック流出状況の実態解明を目指し、2019年9月〜2022年3月にタイ、ラオス、カンボジア、ベトナムのメコン川流域計33箇所でマイクロプラスチック等の浮遊状況調査を実施しました。

各事例の詳細やその他の事例については以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ